footsteps of kickapoo and Company キカプーアンドカンパニーの歩み

footsteps of kickapoo and Company キカプーアンドカンパニーの歩み

1950年代の頃、鎌倉には政財界人の別荘が点在し、著名な文士や文化人などが多く移り住んでいた。
海と山の自然と数々の史跡の残る町には避暑地の洒脱な人々の華やかさと文化的な落ち着きのある人々が交差して一種独特な町の風情を作っていた。鎌倉の表駅(現在の東口)から商店が軒を連ねる小町通りの中ほどに骨董屋と鎌倉彫の小さな工房を兼ねた店が並んだ二階建ての一軒家があった。脇の階段を上った二階にはキカプーのデザイナー喜内俊恵の両親が1952年に始めたオートクチュールサロンLa Merのアトリエがあった。当時では数少ないモダンな感性を持つ顧客層に支えられていた。
その先のミカエル教会の敷地内にはオリジナルウエアの洋装店La Mer(東京、六本木に姉妹店)を開いていた。アトリエには三面に窓があり陽の光と心地よい東からの風がそよぎ西の窓からは源氏山の緑が見え、通る空気感がさわやかだった。50年代のヌーベルバーグの時代が薫る居心地のよい部屋のようであった。1975年に母親が他界し、それ以降アトリエは数年間眠ったままとなっていた。

La Mer's embroidered label - 1950's

La Mer's embroidered label - 1950's

In the Fifties, Kamakura was dotted with the villas of distinguished political and business families and numbers of prominent literary and cultural persons. There was a unique town flavor with a mix of summer retreat elegance and cultural serenity - where sea and mountain and natural beauty and numerous historic sites remained. 
About halfway from “Omote-eki” on Komachi-dori, there was a two-story house with a shop of antiques and Kamakurabori carving.  Up its narrow staircase, could be found the atelier, “Haute Couture La Mer”, established by the parents of Kickapoo’s designer, Toshie Kinai. Starting in 1952, her parents were making originally-designed items for their boutique La Mer, located down the street from St. Michael's Anglican Church, as well as running a sister shop in Roppongi.  They were supported by the then small but bohemian community.
The atelier remained dormant for several years after Toshie’s mother passed away in 1975.  The shop was light and breezy as sunshine and crisp wind came through the east window and the greenery of Genjiyama was visible to the west.  A comfortable room, where the Fifties’ nouvelle vogue was savored.

Sewn-in label of Kickapoo's early years

Sewn-in label of Kickapoo's early years

Opening invitation post card - April 1982

Opening invitation post card - April 1982

1982年4月、そのアトリエの陽の光と影と風のぬける空間で Kickapoo はスタートすることになる。ストアネーム Kickapoo (キカプー)はアルゴンキン語で、ネイティブアメリカンの部族名。英訳による意味では “stands here and there” または “wanderer for their migratory patterns” となっていることから、当時の彼らのおかれた環境における移住様式から『放浪者』という表現になったのではないかと思われる。
キカプーはオープン当初より独自のテンダーカラーを産み出しデザインはシンプルで快活な人々をイメージし、常に素材の表情を優先した。オウンスタイルのアイテムはプレーンなスタイルのスウェット類をメインにおきシルエットはショートレングスや独自の襟ぐりのラインにこだわる。ヴィンテージクロスやアンティークバティックにネイティブアメリカンのコンチョやアクセサリーなどを組み合わせるミックスアンドマッチの提案をオンリーワンショップで伝えてゆく。

In April 1982, Kickapoo started in this space of sunlight, shade and passing breeze.  The store name “Kickapoo” is from a Native American Algonquian tribe meaning “stands here and there” reflecting its migratory patterns.  We created our own unique soft colors, simple images and used the fabric to express our designs. Individually styled items were plain.  Signature sweatshirts were short-length silhouettes with classic necklines.  We were the only shop to convey the idea of mix-and-match Batik prints and Native American conchos and accessories.

Tepees - December 1983

Tepees - December 1983

Kickapoo Child - December 1988

Kickapoo Child - December 1988

Sea Shells - May 1991

Sea Shells - May 1991

1983年 Kickapoo の向かいの10m²のスペースでハンドメイドニットを中心に、アンティークビーズやオリジナルバティックを使ったグッズ&ウエアの姉妹店 Tepees(ティピーズ)を立ち上げる。1990年、移転を機にLands and Teepee(ランズアンドティピー)と改めショップスペースと共に企画の幅を広げる。
1988年 Kickapoo Child (キカプーチャイルド・〜1996) を鎌倉青果市場の並びにオープン。
1991年 フェードブルー/ピュアホワイトをテーマに Sea Shells(シーシェルズ・〜2000) をオープン。
90年代後半からメデイアやコマーシャリゼーションの波が徐々に押し寄せ鎌倉の環境は新しく変化していく。

Labels of Tepees, Kickapoo Child and Sea Shells - 1980's

Labels of Tepees, Kickapoo Child and Sea Shells - 1980's

Labels of Tepees, Kickapoo Child and Sea Shells - 1980's

The sister shop Tepees, was established in December 1983 across from Kickapoo on Komachi in a neat 10 square meter-space. The principle items were hand-knitted.  With the opportunity to relocate in 1990, it was renamed Lands and Teepee.  Planning and item varieties expanded with the shop space.  Kickapoo Child Shop was opened in the Kamakura Produce Market in December 1988 (through 1996). Themed in faded blue and pure white, Sea Shells, was launched in May 1991

Lands and Teepee - July 1993

Lands and Teepee - July 1993

2000年夏、Lands and Teepee と Kickapoo & Company のスタジオを併設した提案の場を史跡の残る扇ガ谷に移設。ロゴのスローガン"away from the crowds" に相応しいロケーションで新たに立ち上げる。
2000年秋、旅と音楽をテーマにした新しいコンセプトのブランド、walking K (〜2009) のショップ を元 Lands and Teepee の跡地にオープンする。

Label of walking K

Label of walking K

walking K - September 2000

walking K - September 2000

In August 2000, Lands and Teepee’s and the Kickapoo & Company studio moved to Ogigayatsu 2-chome.  They restarted at the new location with the logo “Away from the Crowds”.  In September 2000,
a journey-and-music themed new brand, Walking K was opened at the former Lands and Teepee site.

ランズアンドティピー

2008年、グローバル化で移り変わる世界と時間の流れが早くなる中で、オリジナリティのあるショップのあり方 (ストア・ディグリー) と物作りの環境をキカプーのリズムと適応する形態に一新していく。
Lands and Teepeeをレギュラーオープンのショップ形態からプライベートギャラリーへと変える。 旅、人、物との出会いから広がるアイデアが表現できる機会に至った時に、招待客を対象とした期間限定のイベント "Salon" を開くエキシビションルームにする。
2009年、Kickapooは小町通りの二階のショップから現在の場所に移り新たなスタートをする。 時代は変遷しても設立時からの姿勢を変えずワンブランド・ワンショップでオリジナルウエアを提案している。そして今もなお、個人のスタイルとテイストを持つ素敵な人たちに育まれている。ゆっくりとしたペースの物作りで、愛着が持て着るひとをハッピーにさせるような味わいと、"シンプルで控えめな表現"を大切にいつもその提案を心がけている。
春と秋の年二回、期間を設けテキスタイルアーティストとの共作による"ハンドメイド・ハッピーハート"がテーマのアイテムをメインにしたエキシビションを開催。

In 2008, we adapted our shop concept by creating an environment to suit Kickapoo’s original rhythm while time was moving faster and the world changing through globalization. Lands and Teepee transitioned from a regular shop to a private gallery for exhibitions and events. This presented opportunities for invited guests to offer ideas generated through meeting people and seeing things. 

In 2009, Kickapoo moved from Komachi-dori to the current location and made a new beginning.  This one-brand, one-shop style, even though times are changing, continues to present originally designed items, generously supported by our wonderful customers and partners.  We take time to design and produce our creations and take care to include flavors that are loved because of their “simple and understated expression”. 

Spring and autumn exhibitions take place primarily for items co-created with textile artists and themed on “hand-made/happy-heart”.

トップへもどる